内藤 由佳 MEMBER

内藤 由佳

入社のきっかけ

アルバイトから店長に
ジャンプアップ

友達が働いていた事から求人を教えてもらい、最初はアルバイトで入社しました。
ノースグラフィックは働く環境が良く、楽しかったので気がついたら3年勤めていた、という感じですね。

新店舗が立ち上がる際に、当時の店長に新店舗の店長をやらないかと声をかけていただいたのがきっかけで社員になり、同時に店長として働かせていただく事になりました。

店長はお店全般のお仕事をします。

お仕事紹介

お互いの仕事を
助け合える職場作り

店長職の主な仕事は売上、シフト作成などの数字的な管理、ホールでの接客などですが、忙しいときはキッチンや洗い場を手伝う事もあります。
キッチンに入るとメニューがどのように作られているか分かるのでお客様に説明するのに役に立ちますね。

ホールのお仕事は毎日、様々な年代のお客様がお見えになるのでお客様をみてその方に合う接客を心がけています。それぞれのお客様に喜ばれる接客が出来たときは達成感があります。

スタッフのシフト作りや配置を考えるのも大事な仕事です。スタッフの適正を見ながらその人の個性に合った持ち場をお願いします。ただ、それぞれの担当を決める事によって、スタッフ間に境界線ができないように、 みんながお互いの仕事を助け合える職場作りを心がけています。

注文を伺うときはお客様目線で。

印象に残っているお仕事

分からない事だらけの店長職

店長職になったときのお仕事全部、強く印象に残っています。
私の場合アルバイトからいきなり、社員・店長と飛び級したような形でこの仕事に就いたので分からない事だらけでした。

レジ閉め、シフト作り、PCでの業務、メニューの企画、仕入れ、売上の計算、等々・・・。周りに助けられながら一生懸命覚えました。 あの頃は教えてもらった事をどんどん吸収しなくてはいけない時期だったのでまるでスポンジのようでした(笑)

今考えると大変だったなぁと思いますが当時はとにかくがむしゃらに頑張りました。

スタッフと今日の予約の確認をします。

チャンスにチャレンジ

人の上に立つのが苦手だった
自分のチャレンジ

店長になった事が大きなチャンスにチャレンジだったなと思います。
私はあまり人の上に立つのが好きな方ではなかったのですが、ステップアップしたい気持ちはあったので声をかけていただいたときにチャンスだと考え、店長職にチャレンジしました。

ノースグラフィックは先輩、後輩みんな良い人たちに囲まれているなと感じるのですが特に先輩は良い事だけじゃなくて厳しい事もしっかり指導してくれ、 一人一人をとても大事にしてくれているので新しい事へチャレンジしようと自然と思えましたね。

売上や原価計算などは本社のオフィスで作業します。

一問一答

  • Q 仕事をする上で
    大切にしている事は何ですか?

    Aスタッフを笑わせることですね。
    スタッフが楽しく笑っていないとお客様にその雰囲気って伝わると思うんです。
    アルバイトの子が一番お客様に
    近い場所に居るので
    とくにアルバイトスタッフには
    楽しんでもらえるように心がけています。

  • Q趣味や、休日の
    過ごし方を教えてください。

    A友達と飲みに行ったり、
    デートに出かけます。

  • Q自分の部署を一言で表すと?

    A 「楽園」
    私は仕事で飲食業が一番楽しいと
    思っているのでまさに楽園ですね。
    いろんな人に出会えるのが
    何より楽しいです。

後輩からみた内藤さん

ゆでたまご店長
飲食事業部 料理長 岩本 裕太

内藤店長はいつでも元気で、みんなに声をかけてくれたり気遣ってくれています。気さくに話をしてくれてみんなでドラマの話なんかもしますよ。あとは、よくお菓子をくれます(笑)
LU:RANは女性のお客様が多いのですが、盛りつけについて女性ならではの視点でアドバイスをくれたり参考にしています。

入社を希望している方へメッセージ入社を希望している方へメッセージ

ノースグラフィックは社員がみんな若く、年齢に関係なくステップアップできる環境があります。
店長のお仕事は自分でお店を作り上げる想像力とパワーが必要なので、あれを作りたい!これを作りたい!と新しいものを作り上げるのが好きな人には楽しい仕事だと思います。
新しいものを作り上げて行く事は、大変さも伴いますが支えてくれるスタッフがノースグラフィックには沢山居るので安心してチャレンジしてもらえたら良いなと思います。