前田 晃平 MEMBER

前田 晃平

 

入社のきっかけ

独学で入社。
現場でスキルアップし

「担当者デビュー」!

前職が紙媒体の仕事をしていましたが、Webに興味を持って独学で学んでいた頃、ノースグラフィックでデザイナーを募集しているのを見つけて応募しました。
入社してからは先輩のWeb制作のお手伝いをしながら制作を学び、半年後に担当案件を任されました。

前職では電話も取った事が無かったのですが、制作における確認、連絡は全て自分が行うことに。お客様が優しい方だった事もあり、初担当案件は無事納品でき良い経験となりました。

前職で取った事も無かった電話も今ではすっかりスムーズにやりとり出来る様に。言葉遣いには気をつけています。

お仕事紹介

目に見えて新しい発見が
ある事が面白い

Webデザイナーとして入社しましたが、デザイン、コーディング、お客様とのやり取りや進行などのディレクション、Web制作に関わる全ての業務を担当しています。ただ、僕はコーディングが好きで、面白そうな案件などは積極的に「コーディングをやりたい」と伝えて案件に参加させてもらっています。

自分の書いたソースが目に見えて動くのが面白いんですよね。Web業界はスピードが速いので新しい技術を習得し案件で生かせるように勉強を続けています。

いろんな業務を担当しますが、やっぱりコーディングは一番楽しい時間。

印象に残っているお仕事

ターニングポイントに
なった2つ目の案件

入社してからの2つ目の担当案件は、制作だけではなく、デザイン、コーディング、システム設計、進行の全てを担当しました。コーディングのみを担当する時には気がつかなかったことが多々あり、ものすごく大変でした(笑)
でもこの案件を通して、Web制作の受注から納品までの全ての流れを把握する事ができ、この案件以降、仕事の流れが理解できて、やって良かったなと今振り返っても思います。

社内でスケジューラーを利用していますが細かいタスクは手書きします。

チャンスにチャレンジ

隙あらばチャンスにチャレンジ

こういう表現入れたら面白そうだな〜と思って頼まれていないのに、サイトに動きを付けたりします(笑)
上司には「いいね!」って言ってもらえる事もあれば、「お客様のテイストに合わない」と却下される事もあります。でも自分が良いなと思う事や、業務の中に一手間掛けてお客様に喜んでもらう事をするのが僕にとってのチャンスにチャレンジです。

後輩デザイナーへのレクチャーも日々の業務のひとつ。

一問一答

  • Q 仕事をする上で
    大切にしている事は何ですか?

    Aお客様も自分も満足出来る高品質のものを作る事を心がけています。

  • Q趣味や、休日の
    過ごし方を教えてください。

    A休日じゃなくて平日なのですが
    毎週金曜日に映画を見に行っています。
    制作部のメンバーを誘って一緒に行く事もあります。

  • Q自分の部署を一言で表すと?

    Aやるときはやる!

先輩からみた前田さん

擬音系クリエーター
Web事業部 制作部 部長 佐々木 功

彼は一見もやしっ子ですが、しっかり仕事をしてくれる頼れる存在です。
お客様、社内の人、誰でもすぐ打ち解けられ、良好な関係を築いてスムーズに仕事を進めてくれるので制作、進行など案件の全てを安心して任せています。
しっかり仕事を進めてくれる一方で、表現に擬音が多く、例えばボタンの押す感触を「ポチポチ」ではなく「ペチペチ」と言って質感を表現するなどクリエイターらしい一面もあり、Webデザイナーとしてバランスが取れているなと感じます。

入社を希望している方へメッセージ入社を希望している方へメッセージ

ノースグラフィックは自分からやりたいと言った事に挑戦させてもらえるフィールドがあります。
なので、やりたい事がある人にとってはとても楽しい環境だと思います。
面白い事をしたい人、やりたい事がある人、そして自分を成長させたいと考えている人は
是非ノースグラフィックの採用にチャレンジして欲しいと思います。